南高梅の等級

  A級とB級と「きれ」
南高梅の等級は、傷の具合や黒星病・かいよう病の斑点で決められます。A級品は無傷で
皮が薄く、適度にやわらかく粒揃いの良いものです。A級品で皮が破れたものは「切(きれ)」と
呼ばれます。
B級品は、黒星病・かいよう病の斑点(直径2mm以下)が3個以内の物、また傷が少ない物で、
皮が薄く適度にやわらかく粒揃いの良いものです。



4種類入りお試しセット(1,470円・送料無料)がお得。

サイト内の各ページ案内(味比較ブログ記事以外)

最近のブログ記事

梅エキス(梅肉エキス)の味はやっぱり酸っぱい
IKKOさんが取り上げたという梅エキス、福梅本舗のショップを見ているとどうしても気になったので(目に…
長男のリクエストで”まろやか小梅”
以前の記事『まろやか小梅の味の感想』でも書いていた”まろやか小梅”を、長男のリクエスト「おいしい梅干…
皮切れの梅干し(訳あり)はお得だと思った
いつもは正規品を購入している福梅本舗さんの南高梅の梅干しで、今回はじめて、 皮切れの梅干しを購入して…
 RSS