梅の種類

  梅の種類数
梅は、バラ科サクラ属ウメ亜属に分類されています。そこからさらに、観賞用の(花梅)と
果樹として栽培される(実梅)とで大きく分かれます。
花梅は約300種類、実梅は約100品種あるといわれています。

  代表的な梅種
有名なものに、南高(なんこう)、白加賀(しらかが)、養老(ようろう)、長束(ながつか)、
玉英(ぎょくえい)、鶯宿(おうしゅく)、古城(ごじろ)、豊後(ぶんご)、甲州小梅(こうしゅう
こうめ)などがあります。

それぞれの特徴は、つぎのとおり。

【白加賀】 ・・・ 江戸時代からよく知られている梅種で、広く各地で栽培されています。
主要産地は関東です。果肉が厚く上質で、梅干し用のほか梅酒用にも使われています。
【養老】 ・・・ 果実の皮がやや厚く、果肉は繊維質で酸味があり、梅干用に広く使われます。
【長束】 ・・・ 中部地方に多く、果肉が厚くて主に梅干し用に適している種類です。
【玉英】 ・・・ 関東・中部に多い。果実はやや大きく、果肉は厚い粒がそろいきれいなので
梅酒にも梅干し用にも使われます。
【鶯宿】 ・・・ 紀州特産の梅です。果実の大きさは大きく、果実の色は緑色。果肉は厚く、
種子は小さく耐病性があります。青梅としては一級品。梅酒・梅ジュースに最適です。
【豊後】 ・・・ 東北・長野などの寒冷地に多く、果実は特別に大きいです。果肉は厚いですが
種が大きく、酸味が少ないので、ジャムや梅酒によく使われます。
【甲州小梅】 ・・・ 関東・中部に多い梅です。1個平均4g程度の小梅で、カリカリ漬けなどに
よく使われています。

  紀州で代表的な梅
紀州(和歌山県)の梅の種類は、南高梅(なんこううめ)、古城梅(ごじろうめ)、小梅(こうめ)
の3種類が代表的です。


ちなみに国内の梅の約45%が紀州で生産されていて、海外だと台湾でも多くの梅が生産
されています。


4種類入りお試しセット(1,470円・送料無料)がお得。

サイト内の各ページ案内(味比較ブログ記事以外)

最近のブログ記事

梅エキス(梅肉エキス)の味はやっぱり酸っぱい
IKKOさんが取り上げたという梅エキス、福梅本舗のショップを見ているとどうしても気になったので(目に…
長男のリクエストで”まろやか小梅”
以前の記事『まろやか小梅の味の感想』でも書いていた”まろやか小梅”を、長男のリクエスト「おいしい梅干…
皮切れの梅干し(訳あり)はお得だと思った
いつもは正規品を購入している福梅本舗さんの南高梅の梅干しで、今回はじめて、 皮切れの梅干しを購入して…
 RSS